必見!!美容師を選ぶための2つのポイント

まずは自分の理想のイメージをはっきりさせよう

街を歩けば、いろんな美容室があり、また、美容師も多くいます。せっかく美容師に髪を扱ってもらうのであれば、かっこよく、また、きれいにやってもらいたいものですよね。そこで、ここでは、美容師を選ぶためのポイントについて書いていきます。ただ、美容師を選ぶ前に、自分の理想のイメージをはっきりさせて伝えられるようにしておきましょう。といっても、難しく考える必要はなく、たとえば、「俳優の○○のようにしてほしい」「若々しくしてほしい」という感じでOKです。

美容師のヘアスタイル・服装をチェックしよう

まず、チェックすべきなのは美容師のヘアスタイルや服装です。自分のイメージに近い美容師がいれば、その美容師にお願いするといいでしょう。ただし、美容師はヘアスタイルを頻繁に変えますので、注意が必要です。それから、いろんなタイプの美容師がいまして、髪の長さにこだわる人、おしゃべりなどコミュニケーションにこだわる人、雰囲気にこだわる人などいます。ですから、自分がこだわるものに合った美容師を選ぶといいですね。

専属みたいに1人の美容師で

最後に、これは個人的な意見が分かれるところかもしれませんが、基本的には専属みたいに1人の美容師でカットなどをお願いするといいと思います。というのも、毎回カットなどをしてもらうことによって、自分の髪の性質や希望などを把握してもらえるからです。ちなみに、美容師の忙しさもそれだけ需要が高いということですから、選ぶひとつの基準なるかもしれませんね。なお、シャンプーなどについてはアシスタントが行うことがあり、必ずしもすべてを1人の美容師が担当するということではありませんので、その点は留意する必要があります。

美容師の求人に応募する際には、その美容院が考えているターゲットを知ることが大切です。最近の流行ヘアだったり比較的若い人のヘアを対象としたいと考えている人の場合には、それが実現できるところかが重要です。