ランチやディナーでピークタイムを迎えた飲食店で求められるアルバイトのスキル

ランチやディナーは戦場と化す

飲食店において、ランチやディナーの時間は戦場になります。次から次へと新たにお客さんが来店する中、席に案内をしたお客さんからはメニューの注文を受け、料理をつくり、提供し、会計を済ませる必要があります。つまりは同時多発的に業務が発生し、なおかつお客さんをなるべく待たせないようにしなければなりません。そのためにも飲食店は複数の従業員を雇い、それぞれに役割を与えて効率的に業務を行なえるようにする必要があるのです。

広い視野を備える必要性

ピーク時の飲食店では従業員の役割はそれぞれ明確に区分されている場合があります。とはいえ、この役割のみに徹しているわけにはいきません。誰かをフォローしたり、逆にフォローしてもらう場面は必ずありますし、それを円滑に行わなければなりません。そのためにも声を掛け合ってそれぞれの業務が円滑に進むようにチームワークを発揮していく必要がありますし、常に全体を把握しておき、迅速に行動ができるように体勢を整えていく必要があるのです。

一人一人が歯車になって全体を構成する

それぞれの業務が絡み合い、飲食店が一つになることで円滑な運営ができるようになります。その中で一人でも流れから逸脱してしまうようなことがあれば、全体の流れに支障が及ぶ可能性があるのです。そうならないためにも、お店に設けられているマニュアルをきちんと覚え、教えられた作業が完璧にできるようになる必要があります。とはいえ、突発的にマニュアルになかったり、教えてもらっていない業務が発生することもありますので、臨機応変に対応することも求められます。

飲食の求人なら大阪はJR駅近くの繁華街が一番です。食い倒れの街に相応しく、歴史あるお店や味自慢のお店が多く、人間修行にもなります。